三十難曰.

榮氣之行.常與衞氣相隨不.
然.
經言.
人受氣於穀.
穀入於胃.乃傳與五藏六府.五藏六府.皆受於氣.
其清者爲榮.濁者爲衞.榮行脉中.衞行脉外.榮周不息.五十而復大會.
陰陽相貫.如環之無端.故知榮衞相隨也.

解説 血(栄血は見える;陰)と気(衛:陽)の交わりで、
空(衛)から雨が降ってくるのは見えるが、
天に水が登っていくのは見えない。
右関(気化)の働きは、栄血と衛気の交流。
栄血の中の綺麗なものは衛に行く(水蒸気が天にあがるようなもの)。
衛気の中の濁なるものは栄に行く(雨みたいなもの)。
水は水蒸気で上がって、
循環しているから、
天と地を行く行ったり来たりする。

三十難の解説をします。

榮氣(栄血)と衞氣は十二経絡を循環しているが、
この二気はどの様な関係を持ちながら循環するのか説明しなさい。

お答えします。

黄帝内経・霊枢の栄衛生会篇から考察するに。

人身の気血の氣は飲食物から受けとります。
飲食物が胃に入って脾の活動により消化吸収され、先ず一番目に宗気が出て胸中につみ呼吸を司ります。
次に飲食物の最も精微なる栄養分が中焦より吸収され栄血となります。
その残りの糟は下焦に下って蒸し出されたものが衛気です。
そして榮氣(栄血)と衞氣が十二経絡を循環して五臓六腑を栄養し生命が保たれています。

飲食物の最も精微なる栄養分は栄血となり、濁るものは今一度浄化されて衞気となります。

栄血は脉中を行き、衞気は脉外を循環しています。

榮衞の気は昼に二十五回めぐり、夜に二十五回めぐり気の一巡が完了します。
ですから、一日五十回転の気の循環をして手の太陰肺経の動脈に戻ってきます。(難経第一難より)

榮衞の気は陰陽をあまねく循り、十二経脉は環の端し無きが如くに連結しています。
ですから、榮衞の気は相従う関係にあるのです。