三十五難曰.

五藏各有所.府皆相近.而心肺獨去大腸小腸遠者.何謂也.
經言.
心榮肺衞.通行陽氣.故居在上.
大腸小腸.傳陰氣而下.故居在下.
所以相去而遠也.
又諸府者.皆陽也.清淨之處.
今大腸小腸.胃與膀胱.皆受不淨.其意何也.
然.
諸府者謂是.非也.
經言.
小腸者.受盛之府也.
大腸者.傳瀉行道之府也.
膽者.清淨之府也.
胃者.水穀之府也.
膀胱者.津液之府也.
一府猶無兩名.故知非也.
小腸者.心之府.
大腸者.肺之府.
胃者.脾之府.
膽者.肝之府.
膀胱者.腎之府.
小腸.謂赤腸.
大腸.謂白腸.
膽者.謂青腸.
胃者.謂黄腸.
膀胱者.謂黒腸.
下焦所治也.
【解説】
膽(たん=胆):陽に属するのに、陰の穢濁(さいだく)を受けないから、清浄な腑と言われる。
三焦は働きが有って、形が無いから、三焦には月偏が無い。
【参考】
肝臓は陰なのに、陰に属する血を蔵している。
心の臓も神の位で、神には肉体が無いから、心の臓には月偏が無い。
心経:神の位、君主、(大日本帝国の時代においては、現人神、天皇陛下、皇室)
心包経:総裁、総理大臣