鍼灸院からの情報 > ツボと経絡 >

足の太陰脾経

脾経→心経

足の太陰脾経のツボ

記号ツボ名称性質針治療お灸での作用部位
SP1隠白井木剋穴急性胃腸カタル、月経不順、小児夜驚症、失神(気付の鍼)足の第1指内側爪甲根部、爪甲の角を去ること1分
SP2大都榮火母穴全身倦怠、胃痛、糖尿病、小児ひきつけ、消化器疾患足の第1中足指節関節の前、内側陥凹部
SP3太白兪土自穴
原穴
腰痛、急性胃腸カタル、糖尿病足の第1中足指節関節の後、内側陥凹部
SP4公孫絡穴
衝脈の宗穴
嘔吐、食欲不振、頭重、頭痛、全身倦怠
⇒右を使い不妊症
太白穴の後1寸、母指外転筋、前脛骨筋腱
SP5商丘経金子穴健脾利湿
嘔吐、食欲不振、頭重、頭痛、全身倦怠、足関節痛
内果の前下方陥凹部
SP6三陰交足の三陰経が交わる婦人病(月経不順、月経困難、帯下)、冷感症、更年期障害 注:妊娠初期には不可
⇒右からアレルギー等を悪化させる下腹部の冷えをとり、全身をリラックスさせる
内果の上3寸、脛骨内側縁の骨際
SP7漏谷 婦人病(月経不順、月経困難、帯下)、冷感症、更年期障害内果の上6寸、脛骨内側縁の骨際
SP8地機郄穴急性消化器疾患(急性胃腸カタル、胃酸過多、胃潰瘍)、糖尿病内果の上8寸、脛骨内側縁の骨際
SP9陰陵泉合水畏穴健脾化湿、通利三焦
消化器疾患、膝関節リウマチ、遺尿症
⇒体調の崩れに同調しやすい人から邪を祓う。婦人科(三陰交とあわせて使うことも)
脛骨内側顆の下、脛骨内側の骨際、陥凹部
SP10血海 理血調経、散風去湿
婦人の血の病(月経不順、瘀血症)、更年期障害
大腿前内側にあり、膝蓋骨内上角の上2寸
SP11箕門 婦人の血の病(月経不順、瘀血症)、更年期障害、大腿の神経痛大腿前内側にあり、膝蓋骨内上角の上8寸、縫工筋と大腿直筋の間
SP12衝門 胃痙攣、下腹部冷感症、脱腸曲骨穴の外3寸5分、鼡径溝中の動脈拍動部
SP13府舎 便秘、大腸カタル、下痢大横穴の下4寸3分、衝門穴の上7分
SP14腹結 腹水、腹膜炎、腎炎、便秘大横穴の下1寸3分
SP15大横 腹水、腹膜炎、腎炎、便秘、下痢臍の外3寸5分
SP16腹哀 肝臓肥大、胃痙攣、消化不良、急性胃カタル大横穴の上3寸、建里穴の外3寸5分
SP17食竇 肋間神経痛、胸膜炎、乳腺炎、乳汁不足中庭穴の外6寸、乳根穴の外2寸、第5肋間
SP18天谿 肋間神経痛、胸膜炎、乳腺炎、乳汁不足膻中穴の外6寸、乳中穴の外2寸、第4肋間
SP19胸郷 肋間神経痛、胸膜炎、乳腺炎、乳汁不足玉堂穴の外6寸、膺窓穴の外2寸、第3肋間
SP20周栄 肋間神経痛、肺炎、気管支炎紫宮穴の外6寸、屋翳穴の外2寸、第2肋間
SP21大包脾の大絡心内膜炎、胸膜炎、肋間神経痛
⇒邪がたまりやすい。手技で解放
腋窩中央の下6寸、中腋窩線上の肋間

携帯からも閲覧できます

日本の未来のために、日本人必読の書

カスタマーレビューを読んでから購入しましょう!


鍼灸院からの情報 > ツボと経絡 >